教育ローン

私は小学4年生の男の子の母親です。周りでは中学受験を考え、塾通いを始める子も多くなっています。もれなく息子も塾通いが始まっています。中学、高校、大学、とまだまだ先が長い学費工面の戦いが始まったのです。子供には少しでも有利な学歴を残してほしい、子供の望む教育を受けさせたい、と多くの親御さんは思うでしょう。教育費は大きな出費となり、資金が足りなければ教育ローンなどで学費の為にお金を借入れすることを考えることができます。最適な教育ローンを選んでいくにはどのようなところに注意して考えたらよいのでしょう。まずは、親子でよく話し合うことです。子供が希望する進学先が実際の学力が伴っているかどうかはわかりません。そして、子供との考えの違いや目線の違いを普段のなにげない会話で、色々な情報を引き出していくことが賢く借入れる為には重要になってきます。教育ローンは親御さんが借入れを行い、親御さんが返済をする借入れの契約です。教育費を考えるにあたってもう一つの選択肢に奨学金があります。奨学金は子供が借りて子供が返済します。もう一つの選択肢として無利子の奨学金があり、それは借入れ条件がとても厳しくなります。子供の教育資金は何としても用意してやりたい。そう思うのが親の気持ちです。貯蓄があれば問題ありませんが、余裕のある教育資金を貯めている方ばかりではありません。高校、大学の進学率の上昇、さらに厳しい経済状況を背景に国の教育ローンが使いやすくなっています。上手く制度を使って子供の将来を考えていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。