住宅ローン

衣食住は、生活の基礎となる大事な要素です。その大切な「住宅」を購入する時に多くの人が利用するのが住宅ローンでしょう。だれでもよく耳にすることが多く、種類も色々あります。住宅ローンで借入れする時にどのようなポイントに気をつけていくべきかなど、考えることはたくさんありますが、一口に住宅ローン借入れといっても、銀行や信用金庫などの民間金融機関が取り扱う住宅ローン商品だけでなく、金融機関以外の機関が取り扱う住宅ローン商品もあり、金利の種類もいくつもあります。そして返済期間は長期に及ぶものだと、35年にもなります。そこでふと、不安になりました。そんなにも長い年月を今と変わらない経済状況でいられるか、健康でいられるかもわかりません。そんな視点で色々な商品探してみると、私の不安に答えた商品がありました。例えば癌に罹患したら残りの返済額は保証されたり、残高が0円になるものもあるのです。保障に関してはよく考えなければなりませんが、とても高額な金額を借入れるので安心を与えてくれる要素があるのは大きなメリットと成りえるのではないでしょうか。社会情勢や時代によって金利も求めるものも変わってきます。消費税も上がることが決まり、住宅地を歩くとあちらこちらで取り壊しや、建築などにぎやかです。きっと住宅ローン市場もにぎやかでしょう。貸し手側の金融機関も借入れをしてもらおうと様々な商品を用意します。その時々に合わせて賢くメリットが得られるように、そしてより良い生活の基礎「住」を獲得するために考えたいと思います。

コメントは受け付けていません。