カードローン

カードローンを利用している友人が何人かいたので、カードローンについての話を聞くと同時に、カードローンの種類やメリット、逆にメリットではない事について、説明します。金融機関が発行するカードを利用して、資金の借入れを行うローンの事で、担保がなくても借入れを受けられる「無担保型」と、不動産などを担保に入れて借入れを受ける「有担保型」の2つに大きく分けられます。住宅ローンやマイカーローンのように用途は必ずしも限られておらず、資金の使い道は原則、借り手の自由です。しかし事業資金のために利用する事は出来ません。金利は貸金業者に比べると、比較的低く設定されている場合がほとんどなので、貸金業者に借入れをするのは少し勇気がいるけれど、現在開設している銀行口座のカードローンならば、と手軽な気持ちも手伝って利用している人が周囲にいる事がわかりました。友人の1人がカードローンのメリットとして「自動融資」のサービスについて説明してくれました。引き落としがあるのに、普通預金の口座に十分な残金がなかった場合、カードローンから自動的に融資をしてもらえるサービスで、うっかり入金をし忘れても、クレジットカードの引き落とし等、支障なく引き落とされるので、多忙な友人はありがい機能だと言っていました。ただこちらのサービスを利用した場合にも、融資を受けているのですからもちろん金利は発生します。うっかり入金を忘れた事により、自動融資(借入れ)を受けている事になるので、やはりその辺は注意を払わなければならない、とも話していました。カードローンも使い方次第です。

コメントは受け付けていません。